Back
Featured image of post 【TOEIC】これだけやれば大丈夫!超効率がいいおすすめ単語帳!

【TOEIC】これだけやれば大丈夫!超効率がいいおすすめ単語帳!

どーーーーーーん

TOEICスコア

これは去年(2017年)の5月に受験した結果です。今日はTOEICの単語帳について書いていきます。  

僕がTOEICを初めて受験して(当時のスコア650)から840にするまでに1年ちょっとかかっていますが、この間にやった単語帳はたった一冊です。
そのあとは公式問題集だけをやりました.

「その単語帳に何千語も入ってるから1冊で良かったんでしょ?」ですって??
いえいえ、なんとたった630wordsしか収録されていません!!

今回はそのおすすめ単語帳を紹介していきます!! あ、、、初めに言っておきますが、これはステマでもなんでもないですよ!!  

TOEIC におすすめの単語帳はこれだ

その単語帳とはこちら!!!!!

その名も…「TOEIC TEST 英単語でるとこだけ!」だ!

すっっごい自信満々のタイトルですよね…
僕はこの650→840までの間にこの単語帳のみを使いました。
こちらが僕の相棒です。比較的綺麗…

僕の単語帳

決して単語量は多くないですが、本当に「出るとこだけ!」なんですよね。。。
どんどん紹介していきます!  

単語帳の全体の構成

まず、構成ですが、8つのUNITに別れています。

  1. Part1によく出る単語
  2. Part2, 3によく出る単語 (ビジネス)
  3. Part2, 3によく出る単語 (生活・街)
  4. Part4によく出る単語
  5. Part5, 6によく出る単語(1)
  6. Part5, 6によく出る単語(2)
  7. Part7によく出る単語
  8. クイズで覚える語法

となっています。
全パートに出る単語 + おまけのクイズ という感じです。

さらに各UNITは

  • WARM-UP (UNITを始める前に知っとくべき40単語)
  • 核となる単語
  • UNITの全単語 総チェック
  • Practice Test (UNITに該当するPartの模試)
  • 模試の解答・解説

という構成です。
写真を交えて紹介しますね。

  • WARM-UP
WARM-UP

WARM-UP

  • 核となる単語
核となる単語

核となる単語

  • 全単語 総チェック
総チェック

総チェック

  • Practice Test
Practice Test

Practice Test

  • Practice Testの解答・解説
Practice Test の答え

Practice Test の答え

ではおすすめポイントを紹介します!!  

おすすめポイント1 : 単語数が少ない

「逆じゃない!?」って思ったかたおられますか?
僕はTOEICのスコアを伸ばすために過度な単語学習は必要ないと断言しています。

その理由についてはまた別の記事で説明するとして、 この単語帳は630語とかなり少ない部類です。
語数が少ないと、ある程度単語帳を終わらせて、 早い段階でTOEICの問題を解き始めることが可能です。
単語帳の途中であっても問題は解けますが、 単語をある程度知っているのとそうでないのでは解答の質が違います。
「単語を知らないから問題が分からない」という状況だと ご自身の本質的な弱点が見えてきません。

この本質的な弱点とは

  • リスニングの場合:
    • 聞き取れない
    • 音のつながりを知らない等の知識不足
  • リーディングの場合:
    • 文法
    • 表現知識不足

など、単語を知らない以外を指しています。

そのため、速く問題に取りかかれる絶妙な単語数はポイントです。

おすすめポイント2: 本当に出るとこだけ!収録されている

この強気なタイトル。伊達じゃありませんでした。
本当に、この単語帳はTOEICを解く上で必要不可欠な最重要単語のみが凝縮されています!
この単語帳の単語をカバーすると、9割以上は単語を理解できると体感しました。
残りのごくわずかな知らない単語は文脈で推測することもできますし、 いくら単語を覚えたところで知らない単語の1つや2つは1回のテストで出現します。

TOEICでハイスコアをとるという観点でいうと、 この単語帳にある単語だけで必要十分なのです。
単語を何千語も覚えようと時間を割くよりも、ある程度単語を覚えてあとは問題を解くほうが効率はいいです。
また、模試を解く中で知らない単語をマークしていけば自然と単語の学習にもなりますしね。

ポイント3 : 同じ単語が何度も出てきて勝手に復習できる

この単語帳はとても工夫が凝らしてあります。
このページを見てください。P173にはaquireという単語があります。

aquire が右ページにある

aquire が右ページにある

拡大してみますね。

aquire 部分を拡大

aquire 部分を拡大

例文がありますが、 The workshop will enable participants to acquire deeper expertise in accounting.

と太字と赤い太字になっていることがわかるでしょうか。

太字は今回学習した単語で、色付きの太字は以前学習した単語です。
では本当に以前出てきたのでしょうか。
確認して見ましょう。 workshop, enable, participants, expertise, accounting の5つです。

しっかり過去に出てきている!

しっかり過去に出てきている!

はい。全て出てきました。
しかもちゃんとaquireのページよりも前です。

この強制的な反復学習により、2週3週としなくても同じ単語を目にすることができ、自然と長期記憶になっていきます。
全部の単語帳こんな例文になればもっと楽なのに… と思ってしまいます。

とにかくこの工夫は素晴らしい!!  

まとめ

以上がこの単語帳のおすすめポイントでした。
もうTOEICでどの単語帳買うか迷ってる人はとりあえずこれ買って、630語覚えて、模試解いてみてください。
やった単語ばっかり出てきてびっくりしました。本当に。

それでも単語したかったら8000語くらい乗ってる単語帳でもやればいいんじゃないですか?(適当)
TOEICを解く上で単語はそこまで必要ありません
劇的にスコアを伸ばすためには

  • 最低限の文法
  • 最低限の語彙力
  • 慣れ
  • 模試を解く

が必要です。
速く模試に取り掛かったほうが効率的ですよ。

では皆さんTOEIC頑張ってください!!

comments powered by Disqus